歌うように楽しく毎日すごしたいな!インドやヨガ、自然療法について日々探究していくブログにします。
by amlita-planet
プロフィールを見る
画像一覧
amrita-planet
ヘナ・マッサージ・ヨガのご予約、営業日時の詳細をお知りになりたい方はカテゴリの「予約・問い合わせ」をご覧ください。
<amritaプロフィール>
1972年12月6日 栃木県黒磯市で生まれる。
 22歳~ 看護師免許取得
 26歳~ カナダ バンクーバーへ留学.ヘア&メーキャップアーティストリーを専攻
 30歳~ヘアメイクとして映画・雑誌・テレビの撮影に関わる
 33歳~美容師として白金台Abishにてヘア・メイク・カラー・セットなどに携わるが、自身が肌が弱くアレルギー体質であることからsalon美容師への道を断念
 36歳~鎌倉にて出張ヘナスタート
アーユルヴェーダの魅力に取りつかれ、アーユルヴェーダ学会へ参加、ヘッドマッサージ講習やアーユルヴェーダベーシックコースなどを受講
 38歳~ 内側から体を整えるyogaに目覚めインドへ。北インドのリシケシにてヨガを学びながらアーユルヴェーダマッサージを習得
     
現在、地元栃木と湘南にて出張ヘナやアーユルヴェーディックマッサージを通して、環境や体にやさしいケアとその方本来のエネルギーを引き出す方法をシェアしています。今後、ヨガ・瞑想クラスも展開予定。
カテゴリ
全体
予約・問い合わせ
健康
ヨガ・瞑想
ヘナ
young living
アーユルヴェーダ
日々のこと
ワクワク
インド
気づき
未分類
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
黒い森の白いくまさん
その他のジャンル
最新の記事
2015年10月からのお知ら..
at 2015-12-31 07:12
新しいブログ
at 2015-08-14 16:28
アイアンガーヨガのこと
at 2015-08-07 15:11
エッセンシャルオイルとの出会..
at 2015-08-06 12:38
日本の統合医療の未来は・・・
at 2015-08-05 10:19
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
健康・医療
画像一覧

カテゴリ:未分類( 58 )

他をコントロールしないということ

みなさん、ハリオーム!
新しい年が明けて、もう10日経ちます。
昨日は、すごい学びだなぁ、と思う出来事がありました。

以前ブログに書きましたが、叔父が亡くなってから叔母の体調があまり良くなく(気落ちしている面が大きいのですが)叔母の焼き肉屋を週末や呼ばれたときにお手伝いしています。
昨日はそこでこんな出来事がありました。

普段は叔母とお嫁さんのHちゃん、叔母の長女で私の従姉のKちゃん、その娘のYちゃん、私、が働いています。
昨夜はHちゃんの旦那様で叔母の長男であるTちゃんが、ふらっとお店にやってきました。
昨日は和食の宴会があったので、おばちゃんとHちゃんは茶碗蒸しを作ったり準備に大忙し。そんなときにふらっと現れたTちゃんが茶碗蒸しの味見をすることになったのですが、Tちゃんはエビのアレルギーがあったため茶碗蒸しに入っていたエビでかゆみが出てしまったのです。
Tちゃんが不機嫌になり怒っていることを皆気にしていたのですが、ものすごい忙しさであまり相手にすることが出来なかったので、Tちゃんも怒りと体調不良を抱えたまま帰ってしまいました。
食べ物のアレルギーは怖く場合によっては死に直面することもあるのは皆さんご存知ですよね?
みんなは、「ひどかったら病院に行った方がいいよ」と言ったのですが、Tちゃんの症状はそこまでひどくはなかったようでした。Hちゃんは間違えて味見させたしまったことと彼の怒り具合に落ち込んでいて元気がなくなってしまいました。

Hちゃんを元気づけたいな・・・だいじょうぶかな・・・
そんな風に思いながら、時々話をしたりして仕事をしていました。
だけど、どんなふうに?言葉が見つからないよ~。などと考えていた私。
ここ数年、目の前に起こることは全部自分が選んで作り出している、という考えで物事を見ていくことですごく楽になっていった私。Hちゃんにもそれが伝えられたら・・・
でも、忙しい仕事の中でそんなこと出来るはずはなく、うぅん、とにかく仕事に集中!
そしてお客さんの流れもひと段落したとき、ヨガしたいなぁ、体伸ばしたい!という気分になりました。

ちょっと体動かそうか、と言ったのかどんな流れでそうなったのか覚えてないのですが(すぐ忘れるんですよ、私)、
Kちゃん、Hちゃん、私の3人は立ったまま深呼吸とストレッチをしていました。厨房から1段上がった休憩室があるのですが、「ここに立って教えて」と言われ、即席ヨガ教室。
「何だかすっきりしてきたよ~」とHちゃん。もっとやろう!と畳の部屋に移動して、いくつかのポーズをしました。
「痛いよ~」「硬いわ~」などと言いながら、みんな笑顔。とても気持ちの良い時間でした。

このとき、何かがつながった気がしました。
先程書いた「起きていることは全部自分が作り出している」、ということと、ヨガの教え「今ここに集中する」ということが、ぱっと繋がったのです。
そっかぁ、そうだよなぁ。
さっきまでHちゃんを何とかして元気にしてあげたいって気持ちはエゴだったなと。
誰も他をコントロールできない、というか他をコントロールしようって立場に立つことでうまくいかなくなることっていっぱいありますよね。それよりもやっぱり「今、ここに集中」ですよ。
だいたい自分をコントロールすることすら難しいのに、物事やましてや人をコントロールするなんてね。
自分で選び変えて幸せな気持ちになるほうが、よほど簡単なんですよね。
これ、いつもいつも日常でしている訓練というか、自分を高める方法なんですが、終わりなく材料が転がっていておもしろい。そして、集中したときにいつの間にか周りの大事な人たちの笑顔を見れることも多くて、やはり集中と毎瞬の選択の連続だな、と思い知らされる。

そんなときに誰もが持つ可能性や皆の中にある喜びや愛だけのために生まれてきたパワーを感じて嬉しくなる。

私たちは100%完全な状態で生まれてきて、それを忘れながら成長してきたってことを思い出す。
一人一人が本当の自分をを思い出す瞬間を沢山作っていくことは、エネルギーや波動となって周りにいる大事なものたちを笑顔にするんじゃないかと思う。

深呼吸したら、コントロールできないと思い込んでいた鼓動の早さまでがゆっくりになっていくように、私たちが本来持つ沢山の可能性を宝探しみたいに見つけて笑いあえたらなぁ、と思います。

今年も皆の笑顔が私を幸せにしてくれるので、私はビッケ(あの~、昔の海賊のアニメです。わかるかなぁ。)気分で宝探し続けま~す。イッヒッヒ~。
e0225124_024529.jpg

[PR]
by amlita-planet | 2012-01-10 00:02

明けました

2012年いよいよ明けました。
色んなことがあったせいなのか、おめでとうを言う気分になれないけど、そうだなぁ、私の中でぴったりの言葉があるとすれば、「明けましてありがとうございます」かしら。今年も新年を迎えられたことに感謝です。
今日の午後久々また強めの地震があって、私と母が抱えて逃げようとしたのは愛犬ココといつものかばんだけ。
そういえばあの3月の地震のときはいつでも逃げられるように車に毛布を積んでいたわ~、と母。

大事なものはいつも心の中に持っておけばいいと今日もまた感じました。
今日はまた大切な人にすごくグッとくることを言われた。
涙が出そうになるほど嬉しくて、こういうものこそ何があっても心に持っていられるものなんだろうと思う。
身ひとつがここにあることの喜びを深く感じられる心の存在は大きいです。
そしてナイチンゲールが言った病人には光と新鮮な空気と・・・だったかな?地球上にいる私たちがいったい何で健康を保っているのか、どうしてここに生きていられるのか、去年の地震や放射能の放出を境にますます私たちが守られていることに気づかされました。

新しい地球の始まり。日々学び、もっともっとシンプルになっていきたいな。
[PR]
by amlita-planet | 2012-01-02 00:16

休日

今日、久々の休日。厳密に言うと夜は2人ヘナの出張が入っているのですが、昼間はFree!
日本帰ってから早くも一ヶ月以上経ち、私の生活は色んな意味で目まぐるしく変化しています。
一年以上別居していた彼氏と再び住み始め、週2日はバイト、隔週で栃木と衣笠でヘナとマッサージ、
気づくと休日らしい休日がない!!
昔、ヘアメイクのお仕事していたときを思い出しました。
あのときと違うことは、忙しさに翻弄されていないこと、一時間しか寝る時間ないのに呑みに行ってしまったりしないこと、食べ物に気を付けるようになったこと。少しは大人になったかなぁ⁈
肉まん食べながら現場に行ったりしない!だったら食事はしなくていいだろう、と思える。
しかし、タイムマネージメントはまだヘタクソなので、こういうフリーの仕事し始めると、ふと気づくと休日を取り忘れます。
がっ、しかし、私的な今後の目標はオンオフの境のない人生かも。
楽しくやっていたら休日も何も関係ない。
そんな気がするんですね。
そして、タイムマネージメントに力を発揮してくれていた私のバイク、モペちゃんがついに寿命を迎えました。本当にお世話になったよー。そして、しばらくバイクのない生活をしてみると、一日に出来る用事がすごく少ないことに気づかされました。
私の脳のタイムマネージメント能力は完璧にバイクのある生活の上に成り立っていたんだなーと、改めて思う。電車と歩き、バスなどを使おうとするとそれまで4つくらいやりたいことが叶ったのに、1つで終了。しかも、疲れてしまい、あとはもう今日はやーめた。と、なってしまう。
これはっ!いかんっ!
やはり、瞬間移動できるその日まで自分で運転する乗物は私にとって必須です!
そう思い立ち、NEW バイクをゲット!今日は納車日ですが、朝から雨ですねー。
仕方ないけど、私がバイクに乗る日はだいたい雨でもひどくはならないので大丈夫でしょう。
それでは今日も一日楽しんで行きまーす!
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-30 08:32

那須にてヘナ

e0225124_2391464.jpg
皆さん、ハリオーム!
今日の最後のお客様はJJ、那須でシンガーとゴスペルの先生をしている妹の友達です!
今回ヘナインディゴのお客様が多かったのですが、これ皆さん色の出方が違うのでおもしろい!
私が白髪の割合によってブレンドを変えているのもありますが、絶対個人の持つ髪の質や髪色のピグメントによって結果が変わっているのが明らか。
今回のJJはヘナ6、インディゴ4でミックス。白髪は全体の3-4割程度。
彼女は前髪だけ金髪なのですが、少しオレンジ系になっても良いとのことで金髪の上にもヘナをのせる。
結果は、前髪と白髪部分は
赤みがほとんどない暗めの金髪に!!
これJJが持っている元々の髪の色素でしょう。これは一回ヘナインディゴをしてみないとわからないことなのです。
おもしろいですねー。まさに自然のものを使って染めているという感じです。
JJは今後白髪染めをやめて、ヘナインディゴのみで金髪とブラックのミックスみたいな頭にしていこうということに決定!もちろん金髪は白髪を生かして。白髪ってケミカルでばっちり染めてしまうと伸びたときが気になる!
ヘナの利点は甘めに(薄めに)色が入ることで、いい具合にメッシュになるところかなーと私は感じています。

ちなみにカットも私が担当(笑)。
かなり若返りましたよー!!

マッサージは2日連続で受けてくださるお客様もいて皆さん爆睡してました(笑)
寝ていてもアーユルヴェーダのオイルはしっかり浸透して働いてくれるので、老廃物よー出ろ出ろーと思いながらやっております!

明日は最終日、また新たな出会い楽しみにしています。
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-16 22:49

いつも

『いつも』、という言葉について考えた。いつもそうだから大丈夫、いつもこの人はこうする。変わらない習慣や状態があることは、ものすごく美しい。と同時に、変わらないでその習慣なりを続けられることや、変わらずにその人らしい姿でいられることって、ものすごい必然性の積み重ねであると言える。 これは決して偶然なんかではない。『いつも』、同じように見えて実は少しずつ違っている。その人の呼吸の深さ、息づかい、心臓の鼓動、もしかしたら『いつも』を保つための努力。自然にあるように見えるそのひとつひとつの存在、命、エネルギー。生きているその存在に少し耳をすませ、目を凝らして見てみると、そこに『いつも』はなかった。 いつも同じではないという事実がただそこにあった。それもまた美しい事実。
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-14 21:41

その2

Tさんはとても細やかな方なので、初めて訪問する私にはスタッフ全員が気を配っていました。わたしが簡易酸素濃度モニターは?と聞いた一言ですごくTさんを不安にさせたことでしょう。
事務所に帰ってから、あの言動はさらにTさんを不安にさせるからとの指摘を受けました。
しかし、私には訪問してる以上安全に入浴して頂くという使命があります。
まさか入浴中に急変や死亡させしまうということはできないという思いが働きました。
しかし、ヘルパーさんにとってもTさんを安全に不安をなくして入浴して頂きたいとの思いはあったと思います。
ここにお互いのエゴが働きました。本当は思いはひとつなのにね。
Tさんはどうしたいのだろう。事務所に帰って私はない頭でよくよく考えました。
そして今この記事を書いています。私の仕事は病気や状態を把握した上で、その方の思い、生き方を尊重することです。寝たきりになってもう何年も経つTさん、いつか、と死に対する思いはあるはずです。実は介護の分野はそこはグレーゾーンでそこまで踏み込んでは皆関わらない。病院でさえもそれはとてもデリケートな部分。ハッキリできるときとできないときがある。
私が20代で看護師を続けるのが苦しくなった理由はそこでした。
でもね、今だからこそ逃げないで向き合っていきたい。
私は色々な道を選んで、ヘナ、ヨガ、マッサージ、その他の美容をやってきたりして、今もその道を目指している途中だけど。そしてこの3月までの3年間沢山の魂のお見送りをさせて頂いた。
今、全て統合して表現していかなければ、と思います。どんなんであれ、その人らしい生き方を尊重する、その人らしく生きられるように私ができることがあるなら、恥ずかしさも何もかも捨てて声を上げて行こう!それは自分が自分らしくある、本来の自分に戻るための道でもあります。
こんなことが起こるのも神様のギフトです。
すごく疲れたし泣きそうになったけど、ありがたいなぁと。
本当に人は苦しむために生まれてきたわけではないので、私には私のできることを少しずつやっていこう。今日出来なかったら明日。でもこの瞬間は最大限の自分で。そう思えた一日でした。
濃くなってしまいましたが、そんな毎日過ごしてます!
インドにいなくてもね、日々感動!
ではまた!
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-09 01:11

どのように生きるか

皆さん、ハリオーム!
最近、私はまだ新生活に慣れず、ヨガにも行けません。
基本不器用なんです、そういうとこ。
今、週2回の訪問入浴のバイトをしています。今日は生き方について考えさせられた。
Tさんのお宅を訪問したからです。Tさんは交通事故で首から下が動かなくなってこのサービスを利用しはじめたのですが、最近は呼吸にも障害がでてきており、少し呼吸機の助けを借りながら呼吸をしています。自分でできる呼吸が肺の3分の2だったら、あとの3分の1を機械の力で肺を拡げることによって体に必要な酸素を送ります。酸素はまだそんなに高い濃度を供給しているわけではないので、その呼吸機も入浴中は外せます。しかし、最近身体の調子がいまいち。夏バテ気味だということで、かなり短時間の入浴しかできないという情報でした。
私は今日始めてTさんにお会いしました。短時間入浴となって、今日が2回目です。
入浴前から息苦しそうなTさん。血圧などの一般状態はいつもどおりのため入浴へ。入浴すると唇の色は徐々に真っ青に。呼吸も苦しそうです。
私はこのままの入浴は危険ではないかと思い、判断基準のために簡易的に身体の酸素濃度を測る機械はないか、ヘルパーさんに尋ねました。「いつもですから」とそのヘルパーさんは言いました。
Tさんは意識もしっかりしていたため、私はヘルパーさんの言葉を半分信じて、状態をみながら入浴終了。ベッドに戻り、何より先に酸素吸入開始。唇の色は元に戻り呼吸も楽にしている様子へと戻りました。
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-09 00:34

新しい生活

皆さん、ハリオーム!!
毎日ジメジメした日が続きますね。今週私は昔いた美容室の先輩後輩たち総勢11名と
お台場の潮風公園でBBQをしてきました。独立してお店を出した先輩が2人、もうすぐママになる先輩、もうすぐ結婚する先輩、長く付き合った彼女と別れスタイリストになった後輩、今いるところを旅立ち新しいお店を探す先輩、後輩など約8ヶ月合わない間に皆それぞれ変化があって。
そしてアレルギーがひどくて精神的にも限界になり美容室を辞めた私。今回インドに行ったことで、ヘナやマッサージの仕事をしながら、ゆくゆくはヨガや瞑想を教えていきたいと話すと、皆本当に喜んでくれました。
BBQは時間制だったのですが、その後も誰も帰らず皆で公園の大きな丸い石な上で飲みました。
よくわからないのですが瞑想をすることになり、皆でシッダアサナ、手はムードラで少しの間ですが呼吸に集中、自分の中のエネルギーと遊びました。夕方の光がとてもきれいで、皆にまぁるいエネルギーが流れていて、あぁ、やっぱり私はこの瞬間を沢山シェアしていきたい!と思いました。
本当に私ともう一人の先輩が数ヶ月違いで辞めたとき、すごく大変だったんだから!と今でもボスが話すそうですが、私がその決断をするために迷っているとき、誰もがお店のためとかではなく私という一人の人間のことを考えて相談に乗ってくれたこと、辞めてからも看護師をしていても暖かく見守っていてくれたこと、そして今回また癒しの領域に足を踏み入れていること、全てを祝福してくれる皆が本当に大好きです。そして感謝してもしきれないほど沢山のエネルギー。
また皆で会うときは更にいいエネルギーを発しているんだろうな。
そして、宇宙の法則に乗ってもっともっと中心に向かっていく。
楽しみです!

BBQの後は栃木でヘナとマッサージ。
帰ってきたら今月2回目のご予約も頂いて、ホントにありがとうございます!
しばらく行ったり来たりの生活になりますが、旅が苦手な私も大好きな仲間や景色があれば大丈夫。
楽しんでいけそうです!
スタジオでは9・23・24日を予定していますのでご予約の方はお早めに。
ヘナを頭に乗っけてのマッサージも可能ですよ。
[PR]
by amlita-planet | 2011-07-02 11:13

新ヘナ

皆さん、ハリオーム!
まず、始めに前回のblogに編集ミスがありましたこと、すみません。ちょっとpcの様子がおかしいなーと思いながらのupだったためお許し下さい。
さて、25・26日は早速スタジオでヘナをさせて頂くことになりました。ご予約頂いた皆様、心待ちにしていたとの声、ホントにうれしいです!
まだ予約に若干空きがあるため、このジメジメした梅雨に頭さっぱりしたいわ!という方は、この機会に是非お試し下さい。

実は、今日石臼挽きヘナという新しいヘナを初めて試しました。
もしかしてもうお使いになった方もいらっしゃいますか?
これがあまりにも素晴らしくて、夜中ですがこの感動をblogに書かなければ!
と使命感にかられまして。
これが今までのヘナと違って、いい意味で香り控えめ、そしてダマになりにくいため溶いてすぐ粘る、
髪へのなじみが良い、洗い流しやすい!!とものすごい上質でした!!!
流しながら、あぁこれがインドの昔ながらのヘナかぁ。と。
現在皆さんに提供させて頂いてるヘナも機械挽きではありますが、製造者が工夫を凝らして出来るだけヘナに熱を加えないよう機械をゆっくりめに回して粉末化しているため、他では味わえない仕上がりと
新鮮さなのですが、石臼挽きはさらにゆっくりゆっくりとヘナを挽かなければならないため、現在インドでも製造していないんです。それを今年は製造元がこだわりを見せ安定供給できるようにしてくれたのです!今回、わたしも初めてどんなものかなーと試してみたので、今月の仕入れには間に合わなかったのですが、来月から導入していこうと思っております。
今月は頭皮スッキリキャンペーンと題しまして、スッキリする秘密のオイルを使って施術させて頂きますので、ご予約された方はお楽しみに!!
では、取り急ぎこの沸き上がる感動をシェア!
ステキな週末を!
[PR]
by amlita-planet | 2011-06-25 00:22

ただいま帰りましたー!

日本到着!意外と早かったですねー。
実は一昨日は緊張のバス移動だったんです!リシケシでバスを予約して、リクシャーに乗ってバス停に行ってみると、、、「バスはキャンセルになったから」という男が登場。最初信じられなかったんですが、「お金を返すからローカルバスで行きなさい」と本当にお金を返してくれたので、不安になりながらもリクシャーの運転手さんとローカルバススタンドへ。ローカルバスは昼間は30分、夜は1時間おきにデリーに出ているらしく、エアコンもないし少し避けていたんですがね。
行ってみると21時のバスがもうすぐ発車するところで、バスは22時と聞いていたがとりあえず乗り込む。バスの中には外人は誰一人いない。トイレにも行っておきたいが荷物が大きすぎるし、もうすぐ発車するというし。ところが通路を挟んで左の席に
明らかに信用できそうな親子(父と息子)がおり、私は荷物を見ててもらえるようお願いし、とりあえずトイレに。こういう時の勘は我ながら冴えている。荷物は無事。水も購入し席に座れた。7時間の移動、金額は168ルピー。予約のバスの約半額、日本円にして350円くらいといったところか。もちろんシートは飛行機のエコノミー並に狭いし、私の乗った席は3人席で区切りはないため、バスが走り出すと真ん中の赤ちゃんを抱いた女性がかなりお疲れの様子で赤ちゃんごと私にもたれかかってきた。
これで7時間はきつすぎる。しかもインドのバスは遅れるのは当たり前だ。と思ったら1時間くらいしたところで母子は降りていった。しかし、私の荷物を置く棚はなかったため通路に置くしかなく、人が降りる度に荷物を移動。母子が降りたところで何とか荷物を席に置かせてもらえたが、窓際の男性が私の荷物にもたれかかりただでさえ狭い座席は半分に。半分は通路に身を乗り出したままの移動となった。とにかくデリーに着いたらゲストハウスにチェックインして休もう!そう思いながらバス内を観察。運転手は皆が眠り始めても大音量で音楽をかけている。日本だったら客がクレームを言うんだろうなー。しかしここはインド。自由と自己主張満載の国!また皆音楽大好き、大音量に慣れているからか、誰も文句を言う人はいない。
さて、このバス移動でかなり癒されたのが荷物を見ててくれた親子。家族でデリーの手前の町まで行くらしく、おばあちゃん、お父さん、息子のハッシューシュくん6歳が通路を挟んで向こうに座っており、この子が常にニコニコしながら私を見ている。少しヒンディー語で自己紹介すると、色々話しかけてくるが理解できず。お父さんがほんの少しだけ英語を話せ、彼に一生懸命私のことを説明。日本はね津波のあった国なんだよ、大変だったんだよー、などなど。真剣に聞くハッシューシュくんがまたかわいいの何のって。日本ではこんな子供にはめったに会えないなー。
何となくウトウトしたところで起こされ、おばあちゃんが「夕飯は食べたのかい?」と。移動に備えラッシーしか飲んでいなかったが、あまりお腹はすいておらず。ローティーというナンをつぶしたみたいな全粒粉のパンを「どうぞ、どうぞ」とすすめられる。最初お断りするが、一枚だけでも食べなさい、みたいなことを言われありがたく頂戴する。地球の歩き方などにもよく人に何かをすすめられても絶対口にしないこと、と書いてあるが、私は時と場合によるというか、ある程度直感を信じるようにしている。この時頂いたローティーもとてもおいしく、マンゴーのピクルスを間に挟んでくれたのがとても嬉しかった。ハッシューシュくんとニコニコしながら食べたこの味、きっと一生忘れない。彼にとっては初めて見た日本人かもしれない。もっとヒンディー語が喋れたら色んなこと話したかったな。次に来るときはもう少し勉強しよう!おばあちゃんもやたら優しく、休憩で停車したときもチャイはのんだか?ジュースは?など色々気づかってくれる。デリー手前でこの家族とお別れし、私は荷物をかかえ眠ってしまった。続きはまた後程。

デリー少し手前でハッシューシュくんたちと
[PR]
by amlita-planet | 2011-06-18 12:01