歌うように楽しく毎日すごしたいな!インドやヨガ、自然療法について日々探究していくブログにします。
by amlita-planet
プロフィールを見る
画像一覧
amrita-planet
ヘナ・マッサージ・ヨガのご予約、営業日時の詳細をお知りになりたい方はカテゴリの「予約・問い合わせ」をご覧ください。
<amritaプロフィール>
1972年12月6日 栃木県黒磯市で生まれる。
 22歳~ 看護師免許取得
 26歳~ カナダ バンクーバーへ留学.ヘア&メーキャップアーティストリーを専攻
 30歳~ヘアメイクとして映画・雑誌・テレビの撮影に関わる
 33歳~美容師として白金台Abishにてヘア・メイク・カラー・セットなどに携わるが、自身が肌が弱くアレルギー体質であることからsalon美容師への道を断念
 36歳~鎌倉にて出張ヘナスタート
アーユルヴェーダの魅力に取りつかれ、アーユルヴェーダ学会へ参加、ヘッドマッサージ講習やアーユルヴェーダベーシックコースなどを受講
 38歳~ 内側から体を整えるyogaに目覚めインドへ。北インドのリシケシにてヨガを学びながらアーユルヴェーダマッサージを習得
     
現在、地元栃木と湘南にて出張ヘナやアーユルヴェーディックマッサージを通して、環境や体にやさしいケアとその方本来のエネルギーを引き出す方法をシェアしています。今後、ヨガ・瞑想クラスも展開予定。
カテゴリ
全体
予約・問い合わせ
健康
ヨガ・瞑想
ヘナ
young living
アーユルヴェーダ
日々のこと
ワクワク
インド
気づき
未分類
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
黒い森の白いくまさん
その他のジャンル
最新の記事
2015年10月からのお知ら..
at 2015-12-31 07:12
新しいブログ
at 2015-08-14 16:28
アイアンガーヨガのこと
at 2015-08-07 15:11
エッセンシャルオイルとの出会..
at 2015-08-06 12:38
日本の統合医療の未来は・・・
at 2015-08-05 10:19
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
健康・医療
画像一覧

ただいま帰りましたー!

日本到着!意外と早かったですねー。
実は一昨日は緊張のバス移動だったんです!リシケシでバスを予約して、リクシャーに乗ってバス停に行ってみると、、、「バスはキャンセルになったから」という男が登場。最初信じられなかったんですが、「お金を返すからローカルバスで行きなさい」と本当にお金を返してくれたので、不安になりながらもリクシャーの運転手さんとローカルバススタンドへ。ローカルバスは昼間は30分、夜は1時間おきにデリーに出ているらしく、エアコンもないし少し避けていたんですがね。
行ってみると21時のバスがもうすぐ発車するところで、バスは22時と聞いていたがとりあえず乗り込む。バスの中には外人は誰一人いない。トイレにも行っておきたいが荷物が大きすぎるし、もうすぐ発車するというし。ところが通路を挟んで左の席に
明らかに信用できそうな親子(父と息子)がおり、私は荷物を見ててもらえるようお願いし、とりあえずトイレに。こういう時の勘は我ながら冴えている。荷物は無事。水も購入し席に座れた。7時間の移動、金額は168ルピー。予約のバスの約半額、日本円にして350円くらいといったところか。もちろんシートは飛行機のエコノミー並に狭いし、私の乗った席は3人席で区切りはないため、バスが走り出すと真ん中の赤ちゃんを抱いた女性がかなりお疲れの様子で赤ちゃんごと私にもたれかかってきた。
これで7時間はきつすぎる。しかもインドのバスは遅れるのは当たり前だ。と思ったら1時間くらいしたところで母子は降りていった。しかし、私の荷物を置く棚はなかったため通路に置くしかなく、人が降りる度に荷物を移動。母子が降りたところで何とか荷物を席に置かせてもらえたが、窓際の男性が私の荷物にもたれかかりただでさえ狭い座席は半分に。半分は通路に身を乗り出したままの移動となった。とにかくデリーに着いたらゲストハウスにチェックインして休もう!そう思いながらバス内を観察。運転手は皆が眠り始めても大音量で音楽をかけている。日本だったら客がクレームを言うんだろうなー。しかしここはインド。自由と自己主張満載の国!また皆音楽大好き、大音量に慣れているからか、誰も文句を言う人はいない。
さて、このバス移動でかなり癒されたのが荷物を見ててくれた親子。家族でデリーの手前の町まで行くらしく、おばあちゃん、お父さん、息子のハッシューシュくん6歳が通路を挟んで向こうに座っており、この子が常にニコニコしながら私を見ている。少しヒンディー語で自己紹介すると、色々話しかけてくるが理解できず。お父さんがほんの少しだけ英語を話せ、彼に一生懸命私のことを説明。日本はね津波のあった国なんだよ、大変だったんだよー、などなど。真剣に聞くハッシューシュくんがまたかわいいの何のって。日本ではこんな子供にはめったに会えないなー。
何となくウトウトしたところで起こされ、おばあちゃんが「夕飯は食べたのかい?」と。移動に備えラッシーしか飲んでいなかったが、あまりお腹はすいておらず。ローティーというナンをつぶしたみたいな全粒粉のパンを「どうぞ、どうぞ」とすすめられる。最初お断りするが、一枚だけでも食べなさい、みたいなことを言われありがたく頂戴する。地球の歩き方などにもよく人に何かをすすめられても絶対口にしないこと、と書いてあるが、私は時と場合によるというか、ある程度直感を信じるようにしている。この時頂いたローティーもとてもおいしく、マンゴーのピクルスを間に挟んでくれたのがとても嬉しかった。ハッシューシュくんとニコニコしながら食べたこの味、きっと一生忘れない。彼にとっては初めて見た日本人かもしれない。もっとヒンディー語が喋れたら色んなこと話したかったな。次に来るときはもう少し勉強しよう!おばあちゃんもやたら優しく、休憩で停車したときもチャイはのんだか?ジュースは?など色々気づかってくれる。デリー手前でこの家族とお別れし、私は荷物をかかえ眠ってしまった。続きはまた後程。

デリー少し手前でハッシューシュくんたちと
[PR]
by amlita-planet | 2011-06-18 12:01