歌うように楽しく毎日すごしたいな!インドやヨガ、自然療法について日々探究していくブログにします。
by amlita-planet
プロフィールを見る
画像一覧
amrita-planet
ヘナ・マッサージ・ヨガのご予約、営業日時の詳細をお知りになりたい方はカテゴリの「予約・問い合わせ」をご覧ください。
<amritaプロフィール>
1972年12月6日 栃木県黒磯市で生まれる。
 22歳~ 看護師免許取得
 26歳~ カナダ バンクーバーへ留学.ヘア&メーキャップアーティストリーを専攻
 30歳~ヘアメイクとして映画・雑誌・テレビの撮影に関わる
 33歳~美容師として白金台Abishにてヘア・メイク・カラー・セットなどに携わるが、自身が肌が弱くアレルギー体質であることからsalon美容師への道を断念
 36歳~鎌倉にて出張ヘナスタート
アーユルヴェーダの魅力に取りつかれ、アーユルヴェーダ学会へ参加、ヘッドマッサージ講習やアーユルヴェーダベーシックコースなどを受講
 38歳~ 内側から体を整えるyogaに目覚めインドへ。北インドのリシケシにてヨガを学びながらアーユルヴェーダマッサージを習得
     
現在、地元栃木と湘南にて出張ヘナやアーユルヴェーディックマッサージを通して、環境や体にやさしいケアとその方本来のエネルギーを引き出す方法をシェアしています。今後、ヨガ・瞑想クラスも展開予定。
カテゴリ
全体
予約・問い合わせ
健康
ヨガ・瞑想
ヘナ
young living
アーユルヴェーダ
日々のこと
ワクワク
インド
気づき
未分類
以前の記事
2015年 12月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
黒い森の白いくまさん
その他のジャンル
最新の記事
2015年10月からのお知ら..
at 2015-12-31 07:12
新しいブログ
at 2015-08-14 16:28
アイアンガーヨガのこと
at 2015-08-07 15:11
エッセンシャルオイルとの出会..
at 2015-08-06 12:38
日本の統合医療の未来は・・・
at 2015-08-05 10:19
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
健康・医療
画像一覧

リシュケシュに

皆さん、ナマステー!
いやぁ、毎回移動には色んなできごとがあります。
今回は、オールドデリーからリシュケシュ、初めて3Aクラスの寝台で来ました。このクラスはエアコン付なのはいいんですが、3段ベッドが向かい合っているタイプ。一番下のベッドだった私は真ん中のベッドが下りた状態だと座ろうとしても座れない、そういう感じの座席になっています。
今回の6人ボックスには欧米人が2人、ロシア人がひとり、そしてインド人カップル2人と私でした。
電車は22;20発。欧米人2人はすぐに寝たい。そのため、少し座って会話していたわたしたちに、電気消していいか?ベッドをチェンジしてくれ、などイラついた感じで言ってきました。いやぁ、本当に、荷物を置いて1-2分の会話の中でですよ。きっと疲れていたんでしょうね。
列車は30分程遅れてハリドワールに到着。すぐにリシュケシュ行きの電車があるとのことで、急いで切符を購入し、ホームを探します。あせっていたため、駅員さんにホーム聞くの忘れた!
このとき、売店のお兄さんに間違ったホームを教えられましたが、他に2人に聞いて、違うとわかりバックパック背負って走る!ひゃあー、何だかお腹が痛くなってきたよぉ。
これ!と思われる電車には何だか怪しげなサドゥーがいっぱい。出来るだけ普通の家族風な人が乗ってる車両に乗り込みトイレへ。あぁ、今までは、夜行寝台ばかりだったので、荷物を自分の座席に置いてトイレに行けましたが、こんな怪しげなサドゥーのど真ん中に荷物を放置なんて、無謀だわー!!
仕方なく荷物を背負ったままトイレへ。何とか洗面台の下のまぁまぁきれい?と思われる所へ荷物を押し込み、トイレを済ませました。このお腹の調子でバスにしなくて良かったー。
電車は中々発車せず遅れており、ほんとにリシュケシュ行き?と不安になる。
私の前にはサドゥー。通路を挟んで隣には、おばあちゃんと、おばさんが向かい合わせて座っている。
サドゥーはさっきからお布施をせがんでいるが無視して、私はおばさんたちにこれホントリシュケシュいきますよねー?と聞く。大丈夫、行くよ、見たいな事をヒンディーで言われ少しほっとする。
ほっとしたところで、昨日のデリーからの疲れがピークに達し、ウトウト。おばさんたちはひとつ手前のビハールという駅で降りるらしく、私の頭をなでて、次がリシュケシュよーと、降りていった。
それにしても朝の普通席は寒く、すきま風がすごい。
持っていたシーツにくるまって、また眠ってしまったようで、なんとサドゥーに起こされる。
むむぅ、いいとこあるじゃん?ではお布施しようかな、と小銭の2ルピーを渡すと、何だかいやな顔をしてる。
もう少しってなかんじで、人差し指を立てている。が、私は後は大きいお札しかないのだよーん。
かんべんしおてくれ!起こしてくれたことは嬉しいけど、どうせ終点だしさ。ほらほら、さっき小銭めっちゃいっぱい持ってて数えていたじゃん!!
私は覚えたてのヒンディーで、ナヒーン(NO)、と言ってその場を去った。
まあ、ここからもリシュケシュの町に着いてから、荷物担いでやる、アシュラム連れてってやるよ男に出会ったり色々ありましたが、下痢と言いようのない倦怠感に打ちのめされていた私は、近くのヨガニケタンに落ち着きました。少し高くて迷いましたが、環境はとてもよく、昨日は、アシュラムのお庭にあるマンゴーの若い実をいただいて食べたら、かなり調子が復活してきました。ここは朝5時から1時間瞑想、6時半から1時間アサナ、夕方もアサナと瞑想があり、食事も3食あっておいしいです。
ここに、2週間いることにきめました。
しかし、ガンジス川の水はこんなに外が暑いのに冷たいですー。
でも久々、落ち着けるかな?
[PR]
by amlita-planet | 2011-04-25 18:49